藤野芸術の家 新着催し情報ブログ

神奈川県相模原市にある「藤野芸術の家」は体験工房やホール、スタジオ、宿泊施設を兼ね備えた施設です。
新着の催し情報を随時更新します。
<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
藤野芸術の家 工房 秋の限定メニュー

 

秋の工房メニューは七宝アートや陶器のウィンドチャイムなど、

作って使えるメニューが盛りだくさん!

芸術の秋、楽しく創作体験!

秋の期間限定メニュー
9月10日(土)〜10月23日(日)


木工「木をくっつけて楽しもう♪ロボット/宇宙船/クラフトドラゴン作り」

ロボット、宇宙船 各1,000円、クラフトドラゴン 1,300円

 

 ガラス「New七宝アートでカラフルアクセサリー作り」

どうぶつアクセサリー(型抜き銅板タイプ) ストラップ、キーホルダー、ブローチ、ネックレス 各800円
まる・しずくアクセサリー(土台付き銅板タイプ) ストラップ、

キーホルダー、ブローチ、ネックレス、イヤリング、ヘアゴム 各1,000円

 

モフモフでチクチクを体感!フェルトDE アート・ストラップ作り ちょぴっとNew ver

500円

 

サンドブラスト「きのこの小物入れ、キャンドルホルダー」

きのこの小物入れ 1,500円、キャンドルホルダー 800円

 

陶芸「ハロウィンかめん作り」

1,000円

※ハロウィンかめん作りは10月31日(月)まで実施

 

陶芸「白磁のウィンドチャイム作り」

1,000円

※陶器のウィンドチャイム作りは11月3日(木)まで実施

 

秋の工房限定メニュー 詳細
 http://fujino-art.jp/koubou-kisetsu.html

ステージの音響、照明に挑戦!

普段はあまり見れない、舞台の裏方を経験!舞台音響・舞台照明の基礎を学び、最終日には、藤野芸術の家主催のミニコンサートの音響・照明を担当し、いつもとは違った角度から舞台の魅力を体験する全三日間です。
第一線で活動しているプロがしっかりサポートするので、
初めての方でも安心してご参加ください。

こんな人におすすめ♪
・コンサート、演劇などを見に行くのが好きな人
・音楽活動などで、ステージに立つ機会がある人
・発表会などのイベントを企画することがある人
・舞台音響、舞台照明に興味がある人
・劇場に関する仕事をしている人

コース紹介

音響コース
 ・マイク、ミキサー、スピーカーなどの音響機材について
 ・8の字巻や、マイキング等の現場で必要な技術講習
 ・音響技術者として仕込み→本番→撤収までの流れを経験!

照明コース
 ・灯体や調光卓などの照明機材について
 ・吊り込みや、シュート、パッチ等の現場で必要な技術講習
 ・照明技術者として仕込み→本番→撤収までの流れを経験!


日時(全三日)
1日目 平成29年  3/5(日)13:00〜17:00
→ 音響コース、照明コースに分かれて舞台技術の基礎知識を身につけよう
2日目 平成29年  3/11(土)9:00〜17:00
→ 最終日に行う本番の仕込みをしながら機材に触ろう
最終日 平成29年 3/12(日)9:00〜17:00
→ 一般のお客様を入れて本番を経験!

参加費:3000円(教材費500円含む)
※1日、2日のみの参加もこの金額になります。

募集人数:音響コース15名 照明コース15名(高校生以上)
※最終日は連日になるため、アートテクニカルスクール参加者との相部屋で宜しければ、宿泊が可能です。

受付方法:平成29年2月19日(日)までに電話にて受付。応募多数の場合は、抽選とさせていただきます。抽選結果は2/20(月)以降電話にてお知らせ致します。

第6回 藤野芸術の家 音フェス

出演者決定!

プロのミュージシャンに教わる!初心者のためのマイクを使った歌い方講座

参加者募集中!

 

第25回 藤野村歌舞伎公演

上演のご案内 

◆とき
 1日目 平成28年 11月19日(土) 開場12時  開演13時
 2日目 平成28年 11月20日(日) 開場12時  開演13時

◆ところ
 神奈川県立藤野芸術の家 クリエーションホール

◆出演
 藤野歌舞伎保存会
  旧藤野町の村歌舞伎は、明治初期頃から地芝居として、農家の人々により演じられたといわれています。町内各地域で盛んに行われた村歌舞伎も戦後になると次第に衰退し、昭和三十年頃を最後に公演されなくなりました。昭和六十三年の旧藤野町のふるさと芸術村メッセージ事業をきっかけに、復活させようという声が上がり、平成五年には村歌舞伎の伝承を目的に「藤野歌舞伎保存会」が設立されました。設立後、毎年定期公演が行われ、今年で二十五回となります。

◆演目
  口上(19日)

  傾城阿波の鳴門 どんどろ大師の場(19日)

  一谷嫩軍記 熊谷陣屋の場(20日)

  二十五周年セレモニー(20日)

  子ども白浪五人男(両日)


◆申し込み方法
 当日受付(先着順)

 

◆定員

 250名(各日)